ヘッダー

喪中・寒中のマナー&文例集

喪中 常識&マナーいつ出す?時期は?誰に出す?

喪中はがきは、相手が年賀状を準備する前の、11月中旬頃から遅くとも12月初旬には届くように用意するとよいでしょう。

先方が年賀状を投函した後に喪中はがきが届くことのないよう、年賀特別郵便の取り扱いが始まる前までがマナーです。

12月に不幸があって喪中はがきの準備が間に合わない場合は、年始に松の内が明けてから寒中見舞いで報告します。

喪中はがきは、例年年賀状を出している方、葬儀に参列していただいた方にも送ります。

また、双方が喪中で、こちらが出す前に喪中はがきをいただいた場合にも出します。

仕事上のお付き合いで故人と面識のない方や、気遣いをさせたくない方には喪中は知らせずに、例年どおり年賀状を送る場合もあります。

一覧に戻る