ヘッダー

喪中・寒中のマナー&文例集

喪中 常識&マナー喪中の範囲は?

喪に服する近親者の範囲は、一般的に、自分を中心に一親等(父母・配偶者・子)、二親等(祖父母・兄弟姉妹・孫)の親族が亡くなったときです。

ただし、それ以外でも喪に服したい意向がある場合は、喪中はがきを出してもよいでしょう。基本的には、喪中とする本人の気持ちが大切です。

また、最近では同居しているかどうかで決める人もいます。親戚や地方のしきたりによっても違うので、それぞれの慣習に従いましょう。

詳しくは、続柄早見表をご覧ください。

なお、年賀状について喪に服す期間は、一律一年間というのが通例となっています。

 

 

一覧に戻る