ヘッダー

喪中・寒中のマナー&文例集

喪中 文例集喪中はがきの内容とは?

喪中はがきに特に決まった形式はありませんが、以下の内容を文面に入れるのが一般的です。

 

  1. 1. 喪中につき年始の挨拶を欠礼する挨拶
  2. 2. 誰が、いつ、何歳で亡くなったか
  3. 3. 故人が生前お世話になったお付き合いへの感謝
  4. 4. 今後のお付き合いのお願い
  5. 5. 先方の健康を祈る言葉など締めの挨拶
  6. 6. 日付

 

 

※ 「賀」はおめでたい言葉なので、「年末年始のご挨拶」 「年頭のご挨拶」などと書きましょう

※ 誰が亡くなったのか先方に分かるよう、故人との続柄を書きましょう

※ 日付は喪中はがきを送付する日のことを指し、「○○年○○月」とするのが一般的です

※ 喪中はがきは礼儀を重んじるものなので、句読点を使わないのが正式です

 

 

一覧に戻る